ウォーターサーバーの1ヶ月の電気代は?

ウォーターサーバーを利用する場合、みなさん忘れがちなのが「電気代」です。
設置すると電気代が今よりも高くなるというのを知っておかないといけません。
電気代のことを考えずに設置して、請求書を見て「あれ?」と思ってしまう人が多いので、そうならないように注意してください。
電気代が高いウォーターサーバーを選んでしまうと毎月のランニングコストが高くなり、家計を圧迫させる恐れがあります。
そこで知っておきたいのが1ヶ月の電気代がどのくらいアップするかです。
まず、ウォーターサーバーの電気代は使用方法やメーカーによって異なると思ってください。
そのため、一概にいくら高くなるとはいえませんが、だいたい毎月1000円程度アップするといわれています。
毎月1000円なので年間で12000円アップすることになります。
ただし、メーカーによっては1500円くらいかかる場合もありますし、500円程度でしかかからない場合もあります。
そして、ウォーターサーバーの電気代は電気ポットと同じくらいだと思っていいです。
今のウォーターサーバーには温水機能が備わっているので、電気ポットを使用するくらいなら、
ウォーターサーバーを利用した方が便利でお得だといえます。

 

 

 

維持費を考えるなら電気代も忘れずに

ウォーターサーバーを選ぶ時は必ず電気代を比較するようにしてください。
どのメーカーのウォーターサーバーを利用するのかによって月々の電気代は大きく異なります。
維持費を抑えるためには電気代がかからないウォーターサーバーを選ぶというのが重要です。
例えば、毎月1000円の電気代がかかるウォーターサーバーを設置した場合、年間で12000円の出費になります。
それを毎月500円のウォーターサーバーに変更するだけで、年間6000円も節約できます。
1年間で6000円なので、5年間で30000円、10年間で60000円も金額が変わってきます。
メーカーによってはさらに安いウォーターサーバーもあるので、年間の電気代を大幅に節約することが可能です。
節約意識が低い人だとたった500円くらいと思ってしまいがちですが、こうして考えるとかなりの差になりますよね? 長い目で見ると電気代は非常に重要な節約ポイントになるので、面倒臭がらずにきちんと安いウォーターサーバーを探してください。
最近では節電モード・エコモードといった機能を搭載したウォーターサーバーも増えてきているので、
そういったものにこだわって探すのもいいかもしれません。

 

 

ウォーターサーバーの電気代を抑える方法

ウォーターサーバーは設置しているだけで電気代がかかりますが、ちょっとした工夫をするだけで節約することが可能です。 電気代を節約したいと思った場合、やってしまいがちなのがコンセントを抜くという行為です。 この方法は他の家電なら効果的ですが、ウォーターサーバーでは絶対にやってはいけません。 確かに使わない時にコンセントを抜くことで電気代を多少は節約できるかもしれませんが、それをしてしまうと水の品質を低下させてしまいます。 水の品質が悪くなり、味が変わったり、衛生面に支障をきたす可能性が非常に高いので注意してください。 さらにコンセントを抜くことで、メンテナンスの必要性が出てしまうかもしれません。 ウォーターサーバーの電気代を安くしたいなら設定温度を調整するというのが一番有効です。 例えば、冷水の場合は設定温度を少し上げたり、温水の場合は設定温度を少し下げてください。 たったこれだけの工夫で20パーセント前後の電気代を節約できるはずです。 また無理にすることはありませんが、温水機能の方が冷水機能よりも電気代を消費するので、温水機能を少し抑えながら使用するというのも1つの方法です。 そして、最近流行っている節電モードが搭載されたウォーターサーバーを設置するのもいいでしょう。

 

 

ウォーターサーバー以外で電気代を抑えるコツ

月々の電気代を節約したいと思ったらウォーターサーバーだけでは限界があります。
大幅に電気代を下げたいなら他の家電にも目を向けてください。
まず、最も重要になるのが待機消費電力です。
待機消費電力とはコンセントを差しているだけで発生する電力のことをいいます。
使わない時はコンセントを抜くという意識を持つだけで、およそ10パーセントの節電ができます。
毎月5000円の電気代の場合は500円安くすることができ、年間で6000円の節約になります。
ただし、ウォーターサーバーのコンセントを抜いてしまうと様々な問題が発生するので絶対にやめてください。
そして、夜に電気をたくさん使用している場合は夜間割引サービスがおすすめです。
このサービスに契約すると夜間の電気代が大幅に安くなります。
時間帯は23時~翌朝7時までとなっているので、この時間に帰宅される方などは夜間割引サービスを利用した方がお得です。
しかし、この時間帯以外の電気代は通常よりも高くなるため、自分のライフスタイルを考えながら判断してください。
このように毎月の電気代を節約する方法はいくつかあるので、
家計の負担を少しでも減らすためにも実践してみてはいかがでしょうか?

 

 

電気代以外にかかる費用

ウォーターサーバーを置くと電気代の他にどのような費用がかかるのか知っておいた方がいいでしょう。
それらの費用と電気代を合わせた金額が維持費になります。
基本的に毎月かかるのは「ウォーターサーバーレンタル代」と「水代」の2つです。
どちらも利用するメーカーによって金額が異なります。
例えば、ウォーターサーバーレンタル代の場合、500円程度のところもあれば、1500円くらいかかるところもあります。
また無料で提供しているところもあるので、少しでも安いまたは無料のウォーターサーバーを選びましょう。
電気代と同じようにこのウォーターサーバーレンタル代もランニングコストに大きな影響を与えます。
水代はRO水か天然水かによって金額が違います。
RO水であれば12リットルボトルを1300円程度で購入できますが、天然水になると1800円~2000円程度かかると思ってください。
安さで選ぶなら圧倒的にRO水の方がいいですが、味を比較すると天然水の方が上です。
どちらを重視するのかを最初に決めて、その中から水代が安いウォーターサーバーを探してください。
そして、1年に1回や2年に1回のメンテナンス費用も発生します。
だいたい5000円程度のところが多いですが、サーバーによってはメンテナンス不要という場合もあります。
便通を要する方法

 

 

電気代が安いウォーターサーバーは?

ウォーターサーバーの需要が高まるにつれて、種類も多くなってきました。
特に最近は新規参入する業者が増えているため、どれが電気代を比較するのが大変になってきています。
そこで現在、電気代が安いといわれているウォーターサーバーを3つ紹介いたします。
まず、最初に紹介するのはアクアクララです。
アクアクララは業界ナンバーワンの省エネサーバーを提供しています。
アクアアドバンスと呼ばれるウォーターサーバーは毎月の電気代が350円程度しかかかりません。
ウォーターサーバーレンタル料が毎月1500円かかりますが、電気代が恐ろしく安いので設置する価値はあります。
次に紹介するのはコスモウォーターです。
コスモウォーターの毎月の電気代はおよそ400円です。
アクアクララに次いで2番目に電気代が安いウォーターサーバー業者です。
顧客満足度も高く、契約者数は業界トップクラスです。
最後に紹介するのはフレシャスです。
フレシャスの省エネモードを搭載したウォーターサーバを使用した場合、月々の電気代は700円程度で済みます。
7リットルの軽量パックは女性や高齢者から高い支持を得ています。
この他にもクリクラやアルピナウォーターといった業者のウォーターサーバも比較的電気代が安いです。